ナゴヤドーム社員・野球ブロガーのドララです!

   

お久しぶりです。

交流戦明けて、9戦3勝6敗となりました。

投手陣は相変わらずですが、打線が5月に比べて落ちてきて、打順を変えた方がいいという声も多いので、データ分析しデータによる"現段階"のベストオーダーを考えてみました。

 

  目次

 

規定到達打者6月成績

 

平田 良介 .351 出.432 OPS.951 得点圏.267

高橋 周平 .309 出.377OPS.818 得点圏.450

大島 洋平 .287 出.347 OPS.738 得点圏.176

ビシエド .250 出.333 OPS.798 得点圏.174

福田 永将 .246 出.276 OPS.676 得点圏.174

アルモンテ .209 出.258 OPS.521 得点圏.154

京田 陽太 .163 出.183 OPS.370 得点圏.200OPSリーグワースト)

 

規定打席到達

 

5月打率.291に対し、6月は打率.244でした。

全体的に数字は大きく落ちています。

大島が復調、平田、高橋が好調なのでこの3人は上位で使いたいですね。

 

規定未到達選手6月打率

 

荒木.269

亀澤.235

堂上.133

大野.286

松井雅.200

木下.125

藤井.214

モヤ.200

 

最近の打順

 

1大島

2亀澤(荒木)

アルモンテ

ビシエド

5平田

6高橋(福田)

7京田(堂上)

8捕手

9投手

 

果たしてこの打順で最適なのか?ということですが、このような打順でずっと負けているので最適といは言い難いですよね...

 

6月の成績や走者の塁上別の打率や得点圏打率を加味して考えていきます。

 

データから見るベストオーダー

 

1番 大島 洋平

 

6月出塁率.347 走者無し打率.281 走者1塁打率.188で、足があり1番打者が適任と思います。

 

2番 ビシエド

 

6月出塁率.333 走者無し打率.270 走者1塁打率.396と走者1塁だと打率が大きくあがり、走者無しでも打率はまずまず、チャンスには弱いので2番強打者という近年のトレンドにも乗れる打者である。

足もトップスピードに乗れば速く、走塁も上手いのもポイント。

 

併殺打ビシエドに注意

 

3番 平田 良介

 

出塁率が高く、チャンスにも強い。

出塁率的に1~3で起用したい選手である。

6月から好調で今のチーム最強打者を3番に置く形にした。

 

4番 高橋 周平

 

今一番勝負強い打者が高橋周平です('ω`)

効果的な打点が多いですし、アルモンテの不調もあり、"巨人の4番岡本"のような育成方法もありだと思います。

 

5番 福田 永将

 

福田には皆さん不満があると思いますが、6月打点13はチーム最多

5月打率.323でしたが打点は10だったので、得点圏打率はかなり低いものの、データでは最低限の仕事はしているという事になります。

 

6番 アルモンテ

 

5月までは"神モンテ"でしたが今はただの"ヒゲモンテ"状態です(´・ω・`)

「ヒゲを剃れ」というブーイングが来る日が近づいてきている・・・

今の調子は福田より悪いです・・・

 

7番 捕手

 

京田を使うなら7番捕手が消去法で決まる。

 

8番 京田 陽太

 

28打席ノーヒットの京田を起用するなら8番しかない。

万が一出塁した時にも、次の投手がバントする時、京田の足なら成功率が上がるため、7番に置くより生きるため。

 

打順考察

 

 

データとは言えども、好調の選手を並べているのでそんなに難しい打順にしているわけではありませんが、 今の打順とは大きく変わりましたね。

 

最下位のチームなので、これぐらい大きく変えて試したりすることが大事だとは思います。

その方が負けるにしても「まだ考えているんだな」と理解が出来ますので。

毎日同じようなオーダーで負けて、思考停止打線ではファンも納得いかないでしょうから。

 

 

京田について

f:id:drakichi22:20180701204515j:plain

京田と心中するなら、右左で外さず8番で起用し続けるべきでしょう。

中途半端に外すなら2軍に落とした方がいいと個人的に思ってます。

 

まとめ

 

データでみるベストオーダーはいかがだったでしょうか!?

Twitterでコメント頂ければと思います(*^-^*)