ナゴヤドーム社員・野球ブロガーのドララです!

 

福岡ソフトバンクホークス川崎宗則は、春季キャンプに不参加のまま3月を迎え、オープン戦の期間を迎える事になりました。

契約が一向に決まらない理由は病気ではないのか?という噂も出てきており、まとめてみました。

3/26に本人が現役引退を表明しているというニュースが入りました。

 

  目次

川崎宗則のプロフィール

f:id:drakichi22:20180306155605j:plain

・鹿児島県出身

・1981年6月3日(36歳)

・右投げ左打ち

内野手

・1994年ドラフト4位

・年俸9,000万円+出来高

ソフトバンクホークス(2000ー2011)

マリナーズ(2012)

ブルージェイズ(2013ー2015)

カブス(2016)

ソフトバンクホークス(2017)

 

人物

f:id:drakichi22:20180306162138j:plain

(引用元:http://www.yukawanet.com/archives/4754324.html)

"ムネリン"の愛称でとても明るい性格で、チームを盛り上がるムードメーカー。

メジャーリーグ時代では、英語はあまり話せなかったが、持ち前のコミュニケーション能力で、片言の英語とジェスチャーで言葉の壁を越えメジャーリーグでも人気選手となった。

 

イチローの大ファンで、当時イチローが所属していたマリナーズを希望し、2011年オフにFA権を行使してメジャー移籍した。

 

2017年シーズン

 

42試合 打率.241 0HR 4打点

 

4月28日に一軍昇格し、ムードメーカーである川崎は持ち前の明るさでチームの浮上に貢献した。
しかし、7月24日に両足アキレス腱痛で登録抹消
9月に2軍戦出場をするも再び故障し、シーズンを終えた。 

その後、リハビリに加え、体調不良を理由に、優勝パレード、ファンフェスティバルなどオフの球団行事にも不参加していた。

 

そして未だ未更改の川崎は球団公式ホームページの選手名鑑から消えている

 

監督などのコメント

 

工藤監督

「心配はしているけど球団に任せてある」

三笠球団統括本部長

「保留選手名簿に載っていますので、契約に向けて話し合いをしている状態」

王会長

「リーダーとしてもチームに必要。早く本来の形で一日でも早く契約できるように」

 

このコメントは全て1月までのコメントのようですが、その後は特には川崎については、発言はない。

 

未更改の理由は?

 

色々噂されている説と考えられる説を挙げてみた。

 

身体面

 

 

・痛めていた両足のアキレス腱の状態があまりにも良くなく、選手生命に響くような重い状態なのか。

 

・体調面を理由に、様々な行事やイベントに不参加しているため、公には言いにくい、何か重い病気になったのではないかとも噂されている。

 

精神面

 

・メジャーから日本に復帰するも、常勝球団であるソフトバンクでは出場機会の多くは望めない。そして自分の活躍がないまま優勝してしまうチームで、モチベーションが保てないのか。

 

上記の上でリハビリ生活を行うことで、万全の状態で戦える状態に持っていけるまでの期間や労力を考えた時に、無気力状態(うつ病)となってしまっているのでないか。

 

真面目で責任感も強く、頑張りすぎる性格の川崎が、さらに海外へ行ったり日本で戻ってきたりすることで、過度のストレスにより、うつ病になってしまったのではないかと、なりやすい人の傾向に合っているため噂されている。

 

金銭面

 

・球団側が契約したいと言っているので可能性はまずないと思われる。

 球団も川崎本人と会えていないので話し合いすら出来ていないはず・・・

 

イチローの去就

f:id:drakichi22:20180306155612j:plain

(引用元:https://matome.naver.jp/odai/2143388668816066901)

尊敬するイチローが3月6日、マリナーズに復帰することが確実となりました。

しかし、長期間移籍先が決まらなかったため、日本球界復帰か?とも言われる中で、復帰した場合に備えて、移籍球団で一緒にプレーすることを望み、トレードを直訴する計画を練っているのではないかとも噂されていた。

 

関連記事

通算成績まとめ←最新記事

www.yakyu-datastream.com 

まとめ

 

3月になっても未だに、音沙汰のない状態で、ソフトバンクファンだけでなく、他球団ファンの間でも心配がされるほど愛された選手である。

上記の身体的にも精神的にもかなり疲労困憊状態だったのだと思う。

今はしっかり休んで、今後は解説者や指導者として球界に貢献してもらいたい。